あれ、風俗ってすごい

節約。ケチ。すべては風俗のため

周りからはケチと言われています。それもそのはず、いろいろなことを節約しています。会社の自販機で飲み物なんて買いません。社員が無料で使えるポッドがあるので、そこでしか飲みません。それに、何をするにしてもネットで値段を比較します。とにかくケチです。それくらい自分でも分かっていますけど、ケチなだけじゃないんです。ケチなのは、お金の使いどころが分かっているからこそです。それは風俗なんですよ。自分にとって唯一の趣味と言っても良いかもしれません。風俗だけは思い切り散財しています。そこでケチっても仕方ないというか、ケチって後悔してもかえって勿体ないじゃないですか。お金だけじゃなく、時間だって消費しているんです。それなら使った時間分は満足したいじゃないですか。そのためには風俗ではお金を惜しみなく使うべきだと思っているんです。でもお金は無限じゃないんです。それなら、風俗以外で節約する。極々当たり前の話ですよね。

いつの時代でも風俗は楽しい

かれこれ30年くらい風俗を楽しんでいますけど、いつの時代も楽しいものです。利便性という点では当然ですけど今の時代の風俗の方が優れていますけど、いつの時代も興奮させられているのは事実です。美容の問題もあるので、外見だけで言えばきっと今の時代の風俗嬢のレベルが圧倒的に高いと思うんです。そもそも、昔はホームページもありませんでしたから女の子としてもお客だけに意識を向けられたと思うんですよね。でも今はホームページを見て遊ぶ風俗嬢を探すって人が圧倒的に多いと思うんです。と言うことは、ホームページに掲載される時点でそれなりのルックスを保っていないといけないってことじゃないですか。だから今の時代の風俗嬢の方がルックスのレベルは高いと思いますね。それに、意識も高いかなと。昔は風俗はどちらかと言えばアングラだったような気がするんですけど今は競争原理も生まれて激しくなっているので、その分女の子のレベルも高いんだろうなって。